添加物は体に良い訳がないって書いてあった

キレイな人が行っていることって共通してるなと感じています。例えば化粧水。無添加で、肌と相性のいい基礎化粧品を見つけ出すことが、スキンケアでは大事です。ナチュラル化粧品や、オーガニック化粧品が、消費者に好まれているようです。基礎化粧品を選ぶ時には、安全性や、信頼性を重視する人がふえています。かつて、化粧品の成分に問題があり、有名どころの化粧品会社が商品回収を行ったことがありました。このトラブルが発生した時に、表沙汰になった人だけでなく、実は化粧品の影響を受けていたのではないかという人もいて、大きな騒ぎになりました。美白成分のロドテノールが原因になっていますが、この成分で起きる白斑は、改善することが困難と言われています。ハイドロキノンモノベンジルエーテルや、ハイドロキノンなど、美白成分としてよく知られている成分も、ロドテノール同様、白斑が起きることがあります。幸い、使用量を間違えなければ白斑ができる可能性は低いので、規制されずに美白成分として基礎化粧品に使われて続けています。無添加と記載されている基礎化粧品でも、一般的に考えられている添加物が一切入っていないわけではありません。何から何までを添加物といい、どこから無添加と表記できるのかについては、言葉通りに捉えづらい部分もあります。防腐剤、殺菌剤、界面活性剤、タール系色素など、添加物として用いられている成分は色々ありますが、そういった成分が入っていないものを無添加と言い切っていいとはいえません。基礎化粧品は、朝晩お肌につける、とても大事なものです。無添加で、肌との相性がよく、皮膚の奥へと浸透させ続けた時に悪影響がないかどうかを考える必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>